展覧会情報

第31回 日洋展

会期 2017年5月31日(水)~6月12日(月)
会場 国立新美術館
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

第31回日洋展を迎えて

昨年は、1月早々日洋会の外部審査員であり助言者でもあった、女子美術大学教授の南嶌 宏先生が急逝され、9月には理事長の塗師祥一郎先生がご他界なされるという、思いがけない一年でした。

その中で、5月には日洋会創立30周年の記念展を開催し、「大作に挑戦」を一つの目標に、多くの仲間が力を発揮し、意欲あふれる大型作品を沢山展示でき活気あふれる会場が生まれました。これからの日洋展への夢と可能性を確信した一時でしたが、それが塗師先生の置き土産になるとは想像の外でした。

今、第31回展の幕を開ける時、創立時の井手宣通先生以来今日まで受け継がれてきた設立主旨の「魅力ある今日の具象絵画の探求」を、今一度しっかり確認しながら前に進みたい。一人一人の作品における独自な世界の構築は言うまでもなく、それが常に魅力あるものであり続けることは簡単な事ではありません。地に足を着け自己を取り巻く諸々の事象に感性を研ぎすまし、高い理想の継続と各自のたゆまぬ研鑽を通して、日洋会の未来を創造していきたいと思います。

新しい出発の時、共に努力してゆきましょう。

理事長 三原 捷宏

顧問・理事・監事作品

受賞作品